出会うきっかけをどう探すか

男女ともに歳を重ねてから新たにパートナーを見つけるのはそうそう簡単ではありません。 最近すっかり定着した婚活という言葉はそういう人達も当然意識していることですが、例えば巷で開催している婚活パーティに参加するのも多少の勇気が必要です。
個人的に感じることに過ぎませんが、婚活パーティに既に参加できている方はもしかしたらさほど心配は要らないのかもしれません。 なぜなら自分からアクションを起こすだけの行動力があるわけですし、周囲に対して門戸を開いているという意識は相手からしても判断基準としては親切に思うだろうと考えるからです。
難しいのはきっかけすら掴めないまま時間が過ぎていくことに焦りを感じるタイプの人でしょうか。 何を隠そう私もその典型です。
若い頃は運が良かったのか、男女の出会いというものをそう難しく感じたことはほとんどありませんでした。 気が付いたらパートナーがいたという感じで、その相手探しに苦労した記憶があまり残っていないところを見ると、無意識の内にそういう立ち回り方が出来ていたと言いますか、人との縁が築きやすい生活リズムの中にいたと言うことなのかもしれません。
結果論次第になりますが、どうも焦りがあるとうまい具合に巡り合わせが来るような気がしません。 やはり理想は若い頃のように無意識であることが重要なのかもしれません。
敢て恋愛を目的とするのではなく、幅広い人の繋がりで付き合いをしている中に出会いが潜んでいるような気がしてきます。